歯の健康について

歯周病について ~その1~

歯周病とは文字通り歯の周りの病気です。歯の周りに付着したプラークと呼ばれる細菌の塊により、歯肉に炎症が起きて腫れや出血が生じ、進行すると歯槽骨(歯を支える骨)の破壊を起こします。また最近では、糖尿病、心臓病などの体の病気との関わりも注目されてきています。以前は、歯槽膿漏と呼ばれ、中高年の病気と考えがちですが、成人の約80%が歯周病に罹っているといわれています。近年では食生活の変化から、小学生にも軽度の歯周病は見られるようになってきました。

それでは、歯周病になるとどんな症状が出るのでしょう?下にその症状を列記してみました。ご自分でチェックしてみてください。

・口の中がねばねばする。
・口臭がある。
・歯と歯の間に食べ物が挟まる。
・歯が長くなったように見える。
・歯ぐきを押すと出血する。
・硬い物がかめない。
・歯磨きをすると血が出る。
・冷たい物がしみる。
・歯がぐらぐらする。
・歯石がついている。
・歯ぐきが腫れている。
・物をかむと浮いたような違和感がある。
如何でしょう?

思い当たる症状があれば程度の違いこそあれ、歯周病にかかっている可能性が高いと言えます。早速、鶴見歯科医師会員の歯科医院にTELして下さい。

次回は、歯周病の治療法についてご説明いたします。