福祉保健センターへの協力

鶴見区歯科医師会では、各種保健行政への協力、或いは取り組みとして、鶴見福祉保健センターでの歯科健診を協力事業として 行っております。地域住民の皆様の健康を守るうえで、行政、とりわけ福祉保健センターとの協力関係は広く皆様の健康を知るうえで、重要となります。

福祉保健センターでの、協力事業としては、以下のものがあります。

1)妊婦歯科健診 平成24年10月1日から始まりました。
2)1歳6カ月児健診 子育て・乳幼児健診をご覧ください
3)3歳児健診
4)歯周疾患予防教室  
5)歯と口の健康週間行事  

これらの活動に関しましては、会員の歯科医師が派遣され、各種健診にあたっております。

そして、歯と口の健康週間行事として最大のものは、虫歯予防デーがあり、そのほかに県の歯科医師会との連携では、「歯っぴい家族コンクール」などの推薦を区から行っております。