かかりつけの歯医者さんを持っていない方へ

 歯医者さんが好きと言う方はいらっしゃいますか?まず十人いれば十人が、好きではないとお答えになると思います。治療が痛そう?ここまで悪くしてしまって先生に怒られるのがいや?初めて行く歯科医院だとなおさらどきどきしてしまって、早く治療を受けなくてはならないのに、なかなか行けなかったりしますよね。まあ、嫌われる職業の上位にランクされることは間違いないでしょう。そんなことがないように、我々もすすんで患者さんの日常にとけこむことを考えました。それが「かかりつけ歯科医」です。
 初めてのお医者さんに行くのは、誰でも不安があるものです。「かかりつけ歯科医」とは、例えば近所の魚屋さんや肉屋さんのように気軽に行ける、顔見知りの歯医者さんと考えてください。歯科にとどまらず、良い医療は患者さんとお医者さんとのあいだの人間関係をその基本として成り立っていますが、顔見知りの歯医者さんならばもうすでに人間関係はできあがっており、「初めての歯医者さん怖い」の心的ストレスを軽減することができますよね。

  昨今、医療の現場では「インフォームドコンセント」という言葉がよくつかわれますが、これは患者さんとお医者さんとのあいだに信頼関係があり、これから行われる治療に対してお互いの理解と同意があるということです。診療を進めていく上で、かかりつけの場合、患者さんとのこの関係を築きやすくなり、それが「良い治療」につながります。

 それではかかりつけだと診療上、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。次をクリックしてみてください。
>>「かかりつけの歯医者さんをお持ちの方へ」

※鶴見歯科医師会会員の医療機関で受診される際にこちらの問診票をお手持ちのプリンタでプリントし、必要事項ご記入の上ご持参いただければ、受付での待ち時間が短縮される場合があります。

問診票はこちら】